スポンサーリンク

【青森ねぶた祭り2019①】持ち物と注意点。全力で楽しむために対策を!

スポンサーリンク

夏だ!ねぶただ!

青森だ!!!

f:id:natsumedia:20190613222450j:image

これからの時期、今年は青森のねぶた祭りに行ってみようかなと検討する方も多いのではないでしょうか。祭は毎年8/2~8/7までの6日間にわたって開催される全国的にもかなり有名なお祭りです。

夏は青森で一番観光客が集まる時期。青森が一番人口の増える日。かなり盛り上がります。

気になる方は、こちらの記事も!

www.natsumedia.com

そこで今回は、青森旅行を検討している方向けに、青森ねぶた祭で用意してほしい持ち物と、1番気分が台無しになる失敗例と対策をご紹介します。かなり重要なので、初めてさんは要チェックですよ!

 もはや必需品

防寒対策

f:id:natsumedia:20190613230906p:plain

パーカーやジャケットなど、羽織れるものを持っていきましょう。青森の夏の夜は寒いです。例年の8月の最低気温は20度前後。20度もあるじゃんて思いますよね。ところが海や森林といった大自然の多い青森は、夜になると肌寒いです。そしてねぶた祭の会場はすぐそばに海があるので冷たい風が吹き込みます。

夏祭り時、唇をがくぶる震わせながら浴衣という布切れ1枚で頑張る女の子が続出。毎晩冷え込むわけではないのですが、寒い日に当たるとTシャツ1枚では対応しきれないです。

折り畳み傘・レインコート

f:id:natsumedia:20190613230752p:plain

ねぶた祭期間は高確率でどこかのタイミングで雨が降ります。そして雨が降っていてもお構いなしに祭は運行されるのです。どれだけ土砂降りでも開催されます。この為に1年間生きてるので中止なんてできません。

傘などは天気予報を見つつ、100均で調達するのでも良さそうです。会場付近にダイソーがあるので雨の予報の日は早めに動いてゲットしましょう。

失敗例あるある

寒くてタオル購入

f:id:natsumedia:20190613231110p:plain

ねぶた祭りでよくあるパターンが、寒すぎて3000円のねぶたバスタオルを売り子から購入する観光客。そしてそれを羽織にして暖を取るわけです。これ、本当に多いです。

祭会場では華やかな衣装に身を包んだ若くて可愛い女の子やイケメンの男の子が一生懸命ねぶたグッズを売り歩いてるんです。

お土産やネタ話にもなるんですが、決して安くはないですよね。可愛さを武器にぼったくる売り子もいるので注意したい。ぜひ厚めのパーカーなど寒さをしのげる対策をしてほしい。

急な雨で雨具を購入

f:id:natsumedia:20190613231203p:plain

こちらも売り子がこれはチャンスとばかりに売り歩いてます。降らないだろうとたかをくくっている時に限って降ってくるのが雨。せっかくのねぶた祭なので帰るわけにもいかず、とは言え人でごった返した会場でコンビニまで行くのは至難の業。もはや売り子から買うしかない。

トイレ激混み

f:id:natsumedia:20190613231412p:plain

青森ねぶた祭では、会場付近のコンビニや簡易トイレはありえない程に長蛇の列が出来上がります。特に女性は要注意です。運行ルート沿いのコンビニは、並んだら30分は待ちます。冗談抜きで。男性トイレは10分もあれば行って帰ってこれるでしょう。道に自信があるなら会場から少し離れたコンビニまで走ったほうが早いかも。

屋台ではお酒もガンガン売ってますが、トイレが近くなる人を控えましょう。お子さんがいる方もトイレは事前に済ませておきましょう。ちなみに19:00頃からトイレ混雑はピークを迎え、祭り終了ギリギリまでずっとピークです。

事前のトイレチェックもしておいてください。

f:id:natsumedia:20190613223752p:plain

 ▲参考までに、運行ルートとコンビニの距離感

オススメの防寒具

そしてそして、私が激推しする防寒具はこれ。

ユニクロのウルトラライトダウンジャケット!

冬になるとユニクロで大量に売り出す、あのやたら軽いダウンジャケットです。

シーズンじゃないので店舗販売はしてないですが、中古でもありますね。

以下、男女ともにMサイズ。小袋付きかどうかは要確認。

ポイント1:軽くてコンパクト

不要な場合、カバンにすっぽり入れられる。パーカーやジャケットを必需品として紹介しましたが、いくら夜は冷えると言っても夏です。昼間は普通に暑いです。それに不要だった場合完全に無駄な荷物になります。なのでカバンに入れられるサイズのウルトラライトダウンジャケットはかなりありがたい。

ポイント2:枕にできる

小さく収納できる小袋付きなので、収納した時に程よく弾力のある枕として使えるんですよ。私は新幹線や夜行バスで移動する時は必ずこれを持ち歩き、枕にしています。首の疲れが全然違うのでかなりおススメです。ネックピロー要らずで旅の必需品にしています。冷房が寒い時はブランケット代わりにも。本当に便利。

終わりに

f:id:natsumedia:20190613232413j:image

 ざっと大きなポイントをご紹介しました。とりあえずこれさえ押さえておけばねぶた祭で後悔することは無いでしょう!

トイレに行きたいばっかりに30分も祭りを見逃してコンビニで尿意を我慢するなんて悲しすぎます。ぜひねぶた祭を楽しんでください!

質問等あれば記事に追記いたします。お気軽にコメントをどうぞ^^

ランキング参加してます。

ポチって頂けたら喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました