スポンサーリンク

【青森ねぶた祭2019②】日程と楽しみ方。前夜祭に高橋洋子さん出演!

スポンサーリンク

今年の夏は!

青森だ!!!

f:id:natsumedia:20190614234650j:image

というわけで、青森ねぶた記事第2弾です。

8月の東北は祭りシーズン。東北夏まつりツアーが各旅行会社で組まれ、街中は観光バスが走りまくってます。

その東北各地で開催される夏祭り。その中から、青森ねぶた祭りを選んでほしい。来てほしい。楽しんでほしい。というわけでとにかく押しまくります。

青森ねぶた祭とは

東北三大祭りのひとつ、「青森ねぶた祭」。人形ねぶたと呼ばれる巨大かつ立体的な山車が青森市街地を運行する日本で一番楽しい祭りだ。

極彩色で妖艶なねぶたが目の前に迫りくる瞬間は圧巻である。祭囃子は太鼓・笛・手振りがねの3部隊で構成され、力強い太鼓、軽快なメロディーを奏でる笛、リズミカルで華やかや手振りがねが祭りを彩る。彼らの奏でるねぶた囃子はまさに青森市民の魂そのものだ。

そしてなんと言ってもそれらを引き立てるのが「跳人(はねと)」と呼ばれる踊り子たち。カラフルなタスキやおこし、豪華な華笠で着飾った彼らは「ラッセラーラッセラー」の掛け声と共に踊り跳ねる。あなたがどこの誰でも関係ない。「ラッセラーラッセラー」と掛け声をかけたならもう仲間だ。跳人達は「ラッセラッセラッセラー」と呼応し、燃え尽きるまでその身をゆさぶる。

2時間にわたって青森市は情熱に包まれるのだ。

ふぅ・・・熱く語りすぎましたね。

日程と盛り上がり予想 new

f:id:natsumedia:20190614220638p:plain
子ねぶた・・・子どもねぶた。地域のこども会が運行する小さめの規模。

大ねぶた・・・大型ねぶた。企業や自治体が運行する大きなねぶた。ねぶた大賞もこの中から決まる

※盛り上がり予想は完全な主観です。

ねぶた祭の開催日程は前夜祭を含め、8/1~8/7に開催され、この日付が変わることは無いです。今年の日程は表のとおり。盛り上がるのはねぶた大賞も決定された最終日。次いで金土日の週末が盛り上がりポイント。あとは、雨が降ると盛り上がりリンゴ🍎の数は1~2減る。そんな感じ。

参加者のほとんどは一般の青森市民なので休日に参加する人が多い。「今年は跳ねる?」「今年はいつ行く?」と、ねぶた祭り出かけることが前提。一人一着、マイ衣装を持っています。

8/1前夜祭に高橋洋子さん出演!

8/1の前夜祭に、「残酷な天使のテーゼ」でおなじみの高橋洋子さんの出演が決定しました!

場所:ラッセランド特設ステージ

出演時間:17:00~17:30

入場・観覧:無料

ステージ終了後はCD販売・サイン会も実施予定!行くしかない・・・!

https://www.pomit.jp/特集一覧/evangelion/#amenu73◀詳細

楽しみ方

さてねぶた祭の概要が分かったところで、2パターンの楽しみ方があるのでご紹介します。

観覧

f:id:natsumedia:20190614235435j:image

・全てのねぶたを見られる

・ミスねぶた、化人(ばけと)、回るプロパンガス、ピカチュウおじさん(じばにゃんおじさんの時もあった)など、さまざまな参加者を見て楽しめる

・屋台がたくさん出ているので飲み食いできる

何度見ても飽きない、それがねぶた。ぜひ大迫力のねぶた祭を目に焼き付けて帰ってほしい。煽れば寄ってくる跳人、呼べば来るねぶた。舞い奏でる囃子。運行するねぶたを全て見られるのも観覧する者の特権です。このねぶたは好き!これは好みじゃないかも・・・太鼓がでかい・・!!!などなど、運行されるねぶたごとの違いを楽しんでほしいです。

回るプロパンガス???ピカチュウおじさん??とは・・・?^^

参加

f:id:natsumedia:20190614235453j:image

▲ろくな写真を持っていなかったので、雰囲気だけでも伝われ・・・!!

・衣装を着れる

・パリピ体質ならラッセラッセ叫び、とにかく大盛り上がりできる

・ねぶた祭りを体験できる

青森ねぶた祭りの最大の特徴は、衣装を着れば誰でも参加できること。衣装なんて持ってないわい!て思いますよね。レンタル屋もあり、着付けもしてくれるので安心してください。着付けレンタルは事前に予約も必要なので、「今年は跳ねる!」と決めたら早めの予約をおすすめします。

目的別おすすめの日にち

では2日や3日はダメなのかと言われるとそういうわけではないですよ。子どもねぶたも次世代のねぶた文化を担う後継者たちが頑張っているんです。そんな子供達の頑張る可愛らしい姿を見れるのも2日・3日の醍醐味です。

日にちごとに良さもあるので、目的別におすすめの日にちを、独断と主観でお伝えしちゃいます。

観覧したい

オススメ:最終日6日

参加はせずに観覧が目的なら、大盛り上がりの6日がベスト今年は曜日もうまく分散されてるので、まぁいつ行っても大丈夫な気はします。その際にはぜひ有料観覧席を予約してねぶた祭を楽しんでほしいです。有料観覧席をおすすめする理由は後日記事にしようと思うのですが、観光で来るならチケットを取らない手はないので、ほんと、絶対損しないからとりあえず有料観覧席をゲットして。

参加したい!

オススメ:最終日6日

跳人の衣装に身を包んでねぶた祭りに参加したいなら大盛り上がりの6日がオススメ。観覧同様に今年はいつ行っても盛り上がりそうではありますが、より最高潮に達したいならやはり外せないのは最終日です。

参加したい!(お子さん連れ)

オススメ:2日・3日

跳人として参加したいファミリーさんには、子どもねぶたの運行のある2日と3日がおすすめです。周りもベビーカー引いて参加するママさんもいたりするので、和気あいあいとマイルドにらっせらっせできます。

終わりに

どうでしょう。もうそろそろ青森に旅行する気になってくる頃でしょうか??

夏の青森に行かないでいつ行くの?夏でしょ!

てことで、まだ旅行先を決めていなかったり、そもそも旅行の予定がなかったりしても青森ねぶた祭りに来ることをお勧めします!行くからには楽しんでほしいということで、このねぶた記事シリーズは定期的に更新していきます。

へばな!(訳:じゃあね!)

へば▶津軽弁で、「じゃぁ」全般として使う。

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました