スポンサーリンク

夏目について

スポンサーリンク

はじめまして、夏目です。
青森在住で、ブログを通して津軽地方を盛り上げる活動をしています。

「夏目さんてどういう人なの?」てのをざっくりと。

スポンサーリンク

生い立ち

【1992年】
青森市にて爆誕。産声を聞いた看護師に「この子は頑固だよ」と言われる。

【幼少期】
ばっちゃの焼き鳥を食べ、じっちゃに甘やかされて育つ。
おふくろの味よりばばの味。

【小学期】
テストの点が悪すぎて将来を心配され、公文式へ通わされる。
卓球部に入部するも途中から幽霊部員となる。

【中学期】
しっかり中二病を発症させた健全なオタク心を育む。
剣道部に入部し、初段取得。

【高校期】
大富豪部と化していた演劇部へ入部。裏方希望だったがなんだかんだで常にメインキャストを演じる。
「一般入試を受けたくない」という理由で山口大学を受験。倍率7倍のAO入試突破。

【大学期】
本州の逆端で暮らし、津軽シックにかかる。青森の素晴らしさを思い出す。ねぶた祭りに参加するためにテスト日程を調整し、かぶったらテストを捨てるほどねぶた祭りに情熱を注ぐ。

4年間で50単位落とすも無事卒業。サークルはテニスで飲み専。

バイトはカラオケ・スナック・コンビニなど。最終的に弁当屋に落ち着く。

1人温泉旅行など、お独り様スキルが身につく。就活でのネカフェ泊まりなど、たくましさも増す。

【新卒期】
当時の彼氏についていき、長崎の不動産会社へ就職。賃貸営業として頑張る。数字はそれなりに良かった。

ブラックオブブラック企業で鬱病になる。二日連続で契約を横取りされ心が死んだことをきっかけに半年で退職。

【無職期】
退職後に宅建勉強開始。独学1か月で合格。青森へ戻る。

公務員を目指しスクールに通うも、授業が嫌で不登校になる。独学で県職員筆記試験に合格するも面接で見事に落ちる。

【第二新卒期】
来年も公務員試験に落ちたら・・・という不安から、住宅設備メーカーへ入社。

アスペルガーっぷりが発揮され、再び鬱病に。健常者として生きることが苦しすぎて自ら精神科を受診し「自閉症スペクトラム障害」の診断書をもらう。

【二度目の転職】
自分の適性は事務職なんだと認識し、収入の良さも求めて千葉県の不動産会社へ入社。優秀な(自分で言う)事務職員として重宝される。帰省のたびにオススメのお土産をセレクトし、社内で青森の偉大さのアピールに努める。企業の内部体制が変わり、意味の無い仕事や責任の押し付け合いに巻き込まれ鬱病に。他人の尻拭いに嫌気がさして独立を決意。

その頃始めていたブログで、「青森に携わるライターになりたい」という気持ちが強くなり、退職。

【現在】
フリーランスのライターとして活動中。フットワークの軽さ命で興味を持ったものに首を突っ込みまくる日々。
自分でも感心するほどの怒涛の行動力でゴーイングマイウェイなう。

現在

【ブログ運営方針】
■青森県(津軽地方)を、観光・グルメ・特産品・イベントの観点からブログを通して情報を発信。
■県外の人が青森に興味を持つこと、県内の人が青森の魅力に気づくことが目的。
県内外の人が青森を魅力ある県だと認知し、実際に足を運び、青森県を活性化させる流れを作りたい。
■「青森なんも無いよ」なんて言わせない!


【仕事について】
この活動で得た経験や知識を活かし、地元青森のメディアにてライターとしての仕事を募集中。
□「全力で青森を楽しみたい!!!!」
□クラウドソーシングサイトにてライティング業務を提案し続ける。

お仕事の募集

フリーライターとして、ライティングのお仕事を随時募集中です。
お仕事のご依頼は、お問い合わせフォームTwitterのDMよりお待ちしております。

基本的にライティングのお仕事ではジャンルは問いません。
取材記事も1人で完結可能です(カメラ・自家用車所有)

■青森情報
青森の観光・グルメ・特産品・イベント・・・etc。青森に関係するライティング業務は大歓迎です。取材記事やレポート記事など、形式も問わずお受け致します。

■不動産・住宅関係
賃貸部門にて営業・事務経験があり、宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士の資格を所有しております。賃貸不動産において専門的な知識があります。また、住宅自体が好きなので住宅に係るライティングもリサーチから執筆まで 対応致します。

■旅行・観光記事
国内旅行が好きで、よくテーマを決めて観光プランを作成しています。テーマ別おすすめ観光スポットや観光プラン、移動手段別の観光ルートなど、効率の良さを重視したプランニングが得意です。得意テーマは「グルメ旅」・「神社仏閣巡り」・「著名人・アニメなどの聖地巡礼」です。

上記以外にもライティングのご依頼がありましたらご相談ください。ライティング以外にも、こんな仕事はどうだろうというご提案がございましたら、ぜひ一度ご連絡くださればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました