スポンサーリンク

昭和時代を振り返る。青森のフォトジェニックな展示館カフェ「Haru」

スポンサーリンク

どうも、夏目です。

本日は青森の穴場フォトジェニックスポットをご紹介します。

皆さんは浪岡アップルヒルをご存じでしょうか?こちらの道の駅は県内でも人気No.1の道の駅で、休日は頻繁に様々なイベントが催されていて地元民や観光客で常時賑わっています。

その奥には展望所や遊具も設置されているのですが、そのすぐ近くにレトロ可愛い展示館があるのです。

カフェ「Haru」&「展示館しょうわ」

f:id:natsumedia:20190529114557j:plain

アップルヒルの広場の奥にあります。アップルヒルを散策していると、「カフェHaru」だとか、「展示館」だとか看板が立っています。一体何?カフェなのか展示館なのかどっち?という疑問と好奇心が湧いてくる。謎に包まれたそのドアを開けてみましょう。 

【館内の様子】

四方八方、どこを見ても昭和!昭和!昭和!

f:id:natsumedia:20190529115008j:plain

 恐る恐る扉を開けると、懐かしさ漂う昭和の世界が広がっています。なんだこのレトロ可愛い和洋折衷な空間は・・・!ごちゃごちゃ置いてあるように見えて動線がスムーズな配置です。展示に対するこだわりを感じられます。奥から「こんにちは~いらっしゃい」と気のよさそうな旦那さんが出迎えてくれました。

【カフェメニュー】

おすすめはコレ!ホットなのにサイダー?

f:id:natsumedia:20190529115400j:plain

 メニューがこちら。入館料込みのお値段です。ちょっと休憩するのにちょうどよい金額。コーヒーはお菓子付きなのも嬉しいポイントです。

そして気になるのが「アップルサイダー」の文字。ボード横にも瓶が大小ズラリと並んでいます。サイダーでホット???と疑問が出ますが、こちらのジュースは炭酸飲料ではなく温め専用の完熟リンゴジュースなんです。せっかくなのでホットを頂きたいところですが、汗だくなのでオンザロックを注文。

ちなみに展示を見るだけの方は300円の入館料で見学できます。(こどもは150円)

アップルサイダーオンザロック、その味は

f:id:natsumedia:20190529120749j:plain

展示品がそのまま内装になっているので、席も様々。どこに座ろうかと迷ってしまいます。お独り様なので大人しく窓際の席をチョイス。正面が壁って落ち着くなぁ。景色を眺めて待っていると、アップルサイダーがほどなく運ばれてきました。

このリンゴジュース、無ろ過・無添加の100%果汁。濃い!甘い!もう、リンゴそのものです。「りんご飲んでるみたい」これが率直な感想です。質の良い食べ物飲み物って特産品ならではですよね~。収穫する時期によって旬の品種も違うので、その時期に美味しい品種を組み合わせて作っているそうです。計算された美味しさってわけですね。スッキリ濃いと言いますか、べたべたした甘さが無いのでどこまでも飲めそうです。

【見きれないほどの展示数】

めくるめく昭和の旅

館内はありとあらゆる昭和時代を生きた品々が展示されています。すべてに共通しているのが、まるで今現在も使用されているかのようにディスプレイされていること。おばあちゃんの家に遊びに来たような、そんな気分になれます。どこか懐かしさを感じる理由は肌で昭和を感じられるからでしょう。

以下、写真。筆者の余計な文字は排除して、ぜひ五感で感じてください。 

レコード機

f:id:natsumedia:20190529122023j:plain

炉端

f:id:natsumedia:20190529121958j:plain

時計

f:id:natsumedia:20190529121716j:plain

居間

f:id:natsumedia:20190529122423j:plain

台所

f:id:natsumedia:20190529122742j:plain

 電化製品

f:id:natsumedia:20190529122844j:plain

お楽しみ頂けましたでしょうか。この、なんとも言えない懐かしさ。筆者は昭和時代には胎児ですらなかったわけですが、「こんな時計、家で見たことある!」といった具合に幼き日の記憶が蘇ってきます。

では、次いきますよ。

【写真展示】

当時の青森の様子

f:id:natsumedia:20190529122932j:plain

廊下の一角には当時の人々の生活を切り取った展示もあります。りんごの出荷作業なんかは青森ならではです。他にも、結婚披露宴の様子や子供たちの遊び等々。 

【お土産にどうぞ】

手作り陶器の販売も

f:id:natsumedia:20190529123015j:plain

 カウンター横ではひっそりと、手作り陶器の販売も行っておりました。お値段は出来栄えによって異なるんでしょうか。イイネ!と思ったものは自信の表れが垣間見えました(笑)大皿、小皿、徳利、お猪口、花瓶など種類豊富です。なんだかんだで買わない癖に、しげしげと物色する思わせぶりな態度を取る筆者です。

 【最後に】

いかがだったでしょうか。知る人ぞ知る、隠れた名店「カフェHaru」もとい「展示館しょうわ」。今回の記事で紹介したコレクションは、ほんのごくごく一部です。館内は写真では紹介しきれないほどの展示品で敷き詰められています。

浪岡アップルヒルへ立ち寄った際には、もう数100メートル足を延ばしてぜひ休憩していってくださいね。

f:id:natsumedia:20190529225204j:plain

■カフェHaru(展示館しょうわ)

■営業時間 10:00~17:00

■定休日 毎週 水曜・木曜 

へばまだな~(訳:じゃあまたね~)

ランキング参加してます!

励みになるのでポチっとお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました