スポンサーリンク

【仏ヶ浦】遊覧船やグルメ情報。現地までのアクセス方法!

スポンサーリンク

f:id:natsumedia:20190623221523j:plain

青森県、下北半島の仏ヶ浦をご存じでしょうか。海蝕により形成された奇岩群です。緑色凝灰岩と呼ばれるその岩が周囲の海をエメラルドグリーンに染め上げます。白い岩、緑の海。それは人の世ならぬ極楽浄土。その神秘性は日本の秘境100選に選ばれるほど。

浄土のイメージを重ねて、「如来の首」「五百羅漢」「極楽浜」などと呼ばれ親しまれています。地元民に愛されるその地、仏ヶ浦をご紹介します。 

スポンサーリンク

仏が浦フォトスナップ

仏ヶ浦は遠くで眺めるのではなく、ぜひ間近でその圧倒的スケールを体感してほしいです。荒々しい造形美はこの世のものとは思えない迫力があります。青森が浮世離れしているのは、こういった神秘的な自然が生きているからでしょう。

*⋆⸜夏目’ sフォトで現地をお楽しみください⸝⋆*

f:id:natsumedia:20190623225720j:plain

巨大な白い岩に圧倒される。おっきいなー。天気いーなー。 

f:id:natsumedia:20190623225804j:plain

どこまでも続く。これから行きつく先はきっとこの世じゃないんだよ。 

f:id:natsumedia:20190623225829j:plain

海苔とってるのかな。 

f:id:natsumedia:20190623225907j:plain

着いたよ仏ヶ浦! 

f:id:natsumedia:20190623225933j:plain

いざ。極楽浄土。 

f:id:natsumedia:20190623225950j:plain

うちのママンと岩。死んだらこんな感じの景色なのかな。 

f:id:natsumedia:20190623231014j:plain

入ってはいけない。

行くけど。

f:id:natsumedia:20190623231054j:plain

おはな。 

f:id:natsumedia:20190624222033j:plain

 ラクダとサイ。めっちゃ苔。

f:id:natsumedia:20190624222204j:plain

極楽じゃなくて地獄だったみたい。

アクセス

車で行く方法と、遊覧船で行く方法があります。どちらを選ぶにせよ、遠くの展望所で眺めるだけではなく仏ヶ浦まで行ってほしい!ということで、アクセス方法をお伝えします。

車で行く

これらの景色を眺める方法の1つ。車で近くまで行くこと。仏ヶ浦駐車場から歩いて行きます。が、地図を見てわかる通り駐車場からかなり歩くのを覚悟してください。片道20分の階段を上り下りすることになります。足腰が弱かったりお子さんがいたりするとちょっと大変かもしれません。

良い運動になるよ!

遊覧船で行く

おすすめは遊覧船を利用すること!海からしか見られない景色をぜひ堪能してほしいです。ごっそりと荒く削られたかのような断崖絶壁。ただ、ただ、圧倒されます。

主要な遊覧船は以下の2つ。それぞれ特徴があるので、観光コース・滞在予定時間と相談して選んでください。

私は今回は海の夢中号で行きましたよ!

佐井村から「ニューしもきた号」

hotokegaura.jp

料金:大人往復2400円

運行:1日7便(臨時4便含む)

特徴:仏ヶ浦滞在時、ガイド付き。

レストランや売店がたくさん。

乗船時間:30分

滞在時間:30分 

牛滝から「夢の海中号」

www.nihon-kankou.or.jp

料金:大人往復1000円

運行:乗船客が集まれば随時 

特徴:自分のペースでゆっくり見られる。

小さいけど売店あり。

船が小さめなので欠航が多い。※要電話確認

乗船時間:10分

滞在時間:45分

f:id:natsumedia:20190624222259j:plain

船底がグラスボードになっています。たくさんうにを見れます。(うにしかいない)

遠くから眺める

仏ヶ浦駐車帯

「魅力は分かった。でも時間ないねん。」て方は、せめて遠くからその一部をご覧になってください。遠くからでもわかるその巨大さ。まるで日本のグランドキャニオン。

ここは散策できる場所もあって、そんなつもりなかったのに気づいたら30分以上経ってたとなるくらい楽しい場所です。

f:id:natsumedia:20190624223258j:plain

おすすめ周辺グルメ

佐井村と言えば、うに!!!!!うにの名産地佐井村でうに丼を食べましょう!漁師さんによる獲れたてうに!潮気がたまらんですよ!

ぬいどう食堂

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

仕事デス♪(^^) #ぬいどう食堂 #うに #うに丼 #丼 #撮影 #下北 #出張 #一泊二日 #また来たい

Manabu Yamauchiさん(@charider)がシェアした投稿 –

住所:佐井村大字長後字福浦川目83-1

電話:0175-38-5865

営業時間:9:00~15:00

定休日:不定休(冬季休業)

 ※日によって提供できる海鮮丼が異なります。うに丼は予約者のみ受け付けの場合も(私が行った時そうでした)。確実にうに丼を食べたいなら予約して!

仏ヶ浦ドライブイン

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

* #仏ヶ浦 に行ったら是非食べてほしい😋‼️ #仏ヶ浦ドライブイン の特製ラーメン🍜 季節によって具が変わるそうで この日は、イカ、ワカメ、タコ、メンマ、ウニ、豚肉、ネギでした! 出汁が効いた塩味のスープが麺と絡んで最高に美味しい🍴💕 オススメです! . 📍仏ヶ浦ドライブイン 住所:青森県下北郡佐井村大字長後福浦川目85 電話:0175-38-5825 #青森#あおもり#aomori #Japan#japanesefood #aomorifood#foodies#青森グルメ #青森旅行#青森ランチ#佐井村#ごはん#ランチ#週末#お昼ごはん#日本美食#下北半島の旅#下北半島

腹ぺこあおもりさん(@harapekoaomori)がシェアした投稿 –

住所:佐井村大字長後字福浦川目85
電話:0175-38-5825
営業時間:9:00~15:00
定休日:不定休(冬季休業)
※シーズン中は混み合うのでできるだけ予約がおすすめ

最後に

大自然の国、青森県。今回は下北の仏ヶ浦をご紹介しました。数ある絶景の中の1つですが、大自然どころか別世界なその雰囲気を思う存分堪能してほしいです。うにも美味しいので、ぜひ予約してうにたっぷりのうに丼を味わってください。

へば!

▼ポチっとしてけろ。

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました