スポンサーリンク

【朝ラー】長尾 中華そば【青森市】

スポンサーリンク

青森市の観光資源としても定着してきた朝ラー。青森に来たら1日くらいはホテルの朝食ではなく朝ラーを味わって青森気分にひたってほしいものです。

というわけで、青森市内朝ラーシリーズ始動!

第一弾はもはや老舗ラーメンばりの知名度を誇る長尾中華そばです!

スポンサーリンク

朝ラーとは

朝に食べるラーメン

それが朝ラー

青森の朝は早いです。とりあえず朝に済ませようとします。青森県民は車に銭湯道具を積んで朝にひとっ風呂浴びるのはもう周知の事実でしょう。風呂だけでなく大好きなラーメンも朝にすませます。

朝まがらラーメンとば食いてじゃ

へば朝まがらラーメンけばいっきゃ

ラーメン屋開がねばかいねべな

へば開げるはんでくにこいへんが

青森市には市場を中心に、もともと朝にラーメンを食べる習慣があったそうです。仕込みをしながら店を開けていると市場の買い物客で賑わっていたんだとか。市場の減少とともに朝ラーのお店も減少していきましたが、朝ラーブームが復活した現在、市内の至るところで朝ラーを食べられるラーメン屋が増えています。

長尾中華そば

青森駅前店

青森のラーメンは醤油ベースの煮干し出汁が特徴です。長尾中華そばは青森市内に4店舗、五所川原市、仙台市、東京都に1店舗ずつ出店している青森ラーメン豪族です。創業は2004年!ラーメン屋の中では若手ではありながらその実力は出店状況からも分かる通り、多くの青森市民の心を掴んで離さない実力派ラーメン店です。

青森駅前に堂々たる佇まい。

朝ラー 7:00開店

立地もさることながら朝ラーが食べられるということが分かりやすすぎて、つい立ち寄ってしまいそう。

夏目
夏目

というか、それが理由でこのお店にした

店内は全てカウンター席で、こじんまりとしていながらもすっきりと整理されています。

食券を渡して席につくとどこからともなく氷の入った湯飲みが出てきました。カウンターの奥が配膳口になっています。

回転寿司みたいでおもしぇー!!とテンション上がりながらカウンターに生えている水栓から水を注ぎます。あとは朝ラーを待つのみです。

※おもしぇー(訳:面白い)

メニュー

詳しくは公式サイト参照

代表的なメニューは写真の通り。煮干しの濃度や麺の種類をカスタマイズできるようになっています。店舗によってつけ麺があったり、ご飯メニューも充実していたりするので、自家用車やレンタカーで移動する方は別店舗で食べても良いかもしれません。

にぼめしセット&あっこく

こく煮干しベースで、味たまやチャーシューなどのトッピングが追加されたにぼめしセットです。

夏目
夏目

味変・・・?

まさか納豆ラーメン????

ではなく、白米用の納豆です。

長尾中華そばの青森駅前店では無料でご飯の提供もしています。セルフサービスなので白米も食べたい方は遠慮せずいきましょう。無料なので!
※他店舗は朝のみ無料や、無料でない場合もあります。

夏目
夏目

納豆が無くても汁をぶっかけるだけで絶対美味しい

あっこく中太麺。

あっさりでは物足りない、こくまでは要らない、そんなわがままを叶えてくれる中間メニューがあっこくです。太麺が好きだけど程よい太さで良いというわがままを叶えてくれる中太麺をセレクト。程よい濃さのスープと程よい太さの麺が丁度よく絡み合って、麺とスープが口の中でブレンドしてゆく・・・・。煮干しの濃厚さとは裏腹にスープ全体としては意外にあっさりしていてすんなりと食べられます。

夏目
夏目

朝の胃腸にやさしい!

もちもち麺に絡んだスープがさいこう~~~!!!!!
美味しすぎて食べるのに夢中になってしまい、写真撮るの忘れてました(笑)

恒例のスープ飲み。

夏目
夏目

意外にあっさりしてるから止まらない

夏目
夏目

どこまでも飲めそう

3レンゲでやめときました。
1ラーメンにつき3レンゲを夏目ルールと名付けます。

まとめ

長尾中華そば 青森駅前店は・・・

■朝ラーを食べられる内の1つ
■青森市の実力派ラーメン店、長尾中華そば系列
■ライス無料、汁をかけるだけで美味しい朝ごはんになる
■あっさり、あっこく、こくの3段階でスープを選べる
■こくの更に上、裏メニューあり

店舗情報

店名  :長尾中華そば 青森駅前
住所  :青森市柳川1-2-3
電話  :017-773-3715
営業時間:7:00~21:00
定休日 :月曜日(月曜祝日の場合は火曜日)
座席数 :11席
タバコ :完全禁煙
駐車場 :ラビナP利用可(2000円以上の飲食で1時間無料)

公式サイト:http://www.naga-chu.com/top/index.html

アクセス:JR青森駅よりから徒歩1分

▼めやぐだばって押してけじゃ

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました