スポンサーリンク

青森ねぶた祭り2019 観覧席購入方法と観覧場所の特徴

スポンサーリンク

青森ねぶた祭りを観光するなら、有料観覧席の購入が断然おススメです!ということは先日からの記事で取り上げてきましたので、本記事では肝心の購入方法とおススメの場所を紹介します。

スポンサーリンク

金額と購入方法

どの席も一律3,000円です(車いす席は2,400円)。※三歳以下のお子様の膝上観賞は無料(席が必要な場合は3,000円)

また、観覧場所によって購入可能な販売店も異なります。希望する観覧場所が決まったら所定の販売店へお問い合わせください。

出典:青森環境コンベンション協会

購入方法案内   ▶http://www.nebuta.jp/info/docs/R1kojin2.pdf

観覧席購入について▶http://www.nebuta.jp/info/purchase/group.html

青森市内の販売店

金額:1枚3,000円

購入方法:店頭窓口で直接購入(電話申し込み不可)

販売時期:6/28(金)10:00~

全国各地での販売

金額:1枚3,000円

購入方法:チケットぴあ/ローソンチケット・ポみっと!・セブンチケット・イープラス(電話申し込み・店頭購入・WEB購入)

販売時期:6/29(土)10:00~

車いす専用席(1日あたり20席)

金額:車いすの方1枚2,400円、付添1枚3,000円

購入方法:青森観光コンベンション協会で電話・窓口受付

販売時期:6/28(金)9:00~

高桟敷席・桟敷席・イス席の特徴

基本的にイス席よりも桟敷席の方が人気があります。靴を脱いでゆったりと座れるのが高評価なようです。ただ、ずっと体育座りやあぐらで過ごす必要があるため、足腰の弱いお年寄りには結構負担となります。同行するお連れさんの状況によってはイス席の方が良かったりするので、各席のメリット・デメリットを考慮して購入することをオススメします。

出典:青森観光コンベンション協会

桟敷席

【メリット】靴を脱いで座るので、お子様連れの場合いす席よりも落ち着いて観覧できる

【メリット】視点が高くなるのでねぶたを観賞しやすい

【デメリット】混み合うと身動きが取れなくなる

デメリット】膝を伸ばせないので足腰の悪いお年寄りには不向き

【デメリット】席を立つ時に靴の脱ぎ履きが面倒

高桟敷席

メリット・デメリットは桟敷席と同じです。通常の桟敷席よりも床面位置が高いので、それだけねぶたと同じ視点で祭りを観覧することができます。高い場所から眺めるねぶたに、お子さんは確実に喜びます!

いす席

【メリット】立ち歩きしやすい

【メリット】最前列の場合、ハネトと跳ねることができる

【メリット】お年寄りは桟敷席よりも楽な体勢をとれる

【デメリット】お子様を膝上観賞させる場合、かなり窮屈になる

観覧場所特徴

出典:青森観光コンベンション協会

【新町通り】1・81・90・91号席

国道に比べると道幅がやや狭いのでねぶたによるド派手なパフォーマンスは控えめになります。しかしその分、観覧席とねぶたとの距離が近いので迫力のあるねぶたを観覧できます。ハネトの盛り上がりも間近で感じられます。

交差点付近はねぶたの動きが大きくなる傾向にあるので、迫力のあるねぶたを観たいなら1号席がオススメです。

【八甲通り】3・4・5号席

桟敷席の集合エリアとなる八甲通りはねぶたが率先してパフォーマンスを披露しに来てくれる可能性が高いです。青森駅にも近いので、帰路に電車を利用する場合はとても帰りやすいです。

【国道7号線(市役所前)】29・30号席

青森市役所前はねぶた審査員席があり、TV中継地点でもあります。我こそはねぶた大賞!と、各ねぶた団体が張り切ってパフォーマンスを披露するエリアです。それに伴って囃子方、ハネトの盛り上がりも最高潮に達します。

※29号席は8/3・5・6のみ販売

【国道7号線】9・11・12・27号席

道幅が広いので、ねぶたのパフォーマンスも大きくなります。グルグルと回ったり、道路の対面めがけて迫ったりと、国道でなければできない動作があります。派手な動きが多いエリアです。

※27号席は、同エリア反対側にねぶた審査員席が設置されています。当然ねぶたは審査員へアピールをするので、▼こんな動きが予想されます。「ねぶた、ケツ向けてばっか・・・(‘ω’)」という可能性も・・・

矢印は進行方向だよ

人気エリア ベスト3

近日本ツーリスト東北青森支店へ、空き状況の確認をしつつ、どのエリアが人気かを問い合わせてみました。聞いた内容をまとめてランキングにしました。

夏目
夏目

観光客のフリしちゃった!

【1位】市役所前29・30号席

1番盛り上がるのはダントツでこの29・30号席です。ねぶた審査員によるねぶた大賞の審査が行われるのでパフォーマンスが最高潮なところがポイント。ねぶただけでなく、囃子、ハネトもここが頑張り時と全力を出し切ります。立ち見や場所取りの観客も多いエリアです。

7/12現在、残席わずかとのこと。

【2位】市役所前はす向かい27号席

はす向かいと言えど、市役所前には変わりありません。各ねぶたの紹介放送が聴けたり、29・30号席近辺へ向けたねぶたのパフォーマンスも見られます。

【3位】国道沿い9・11・12号席

国道は人気があるとのことでした。新町通りよりもスペースが広いのでねぶたが大きく激しい動きをしやすいためです。ねぶたがぐるぐると回転したり、ものすごい勢いで観客席に迫ってきたりと躍動的な動きが観られます。

とは言え、盛り上がらない席というのは無いです。会場のどこに行っても人で溢れかえり、そこかしこで盛り上がるのがねぶた祭りです。ゆっくりと座って観覧できるのであれば、有料観覧席の場所はそこまで重要ではないと思います。

夏目
夏目

最終的に満席御礼になるからね!

余談・・・トイレの場所

会場付近、いたるところに仮設トイレが設置され、開放できる限りトイレ設備のある建物は開放されています。が、その混み具合は想像をはるかに超えます。

県庁税務署比較的穴場トイレスポットです。祭り期間中は夜間も開放されています。コンビニのトイレを利用する場合、30分~1時間は戻ってこれないのを覚悟してください。青い森公園も仮設トイレが設置されるので、お子さん連れやトイレが近くなりがちな方は、3・4・5・9・11・12号席がオススメです。

▼観覧席を購入するメリットを知りたい方はこちら!

▼それでも無料で観たいんじゃ!という方にはこちら!

▼ポチってランキング応援してけろ

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

参考:青森ねぶた祭りオフィシャルサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました