スポンサーリンク

【地酒】立ち呑み屋 地酒アスパム【青森市】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

青森の地酒

青森のお酒と言えば、「田酒」と答える人も多いでしょう。田酒は全国的もかなり有名な青森の地酒ですが、田酒以外にも青森には美味しい地酒が豊富にあります。

そしてその数多くの地酒を取りそろえる立ち呑み屋が、青森市の観光物産館アスパムの中に2019年にオープンしました!

取り扱いは日本酒・ビール・ワイン・焼酎など、約40種類の中から気になるお酒を選ぶことができます。

観光物産館アスパム

青森県観光物産館アスパムは、青森市ベイエリアにある観光物産館です。その特徴的な三角形の建物は青森市のランドマークにもなっており、毎月様々なイベントが開催されます。

後方には青い海公園(通称アスパム裏)があり、青森ねぶた祭りの前夜祭や花火大会の会場となったり、ねぶたの時期になるとねぶた小屋が建てられてねぶた制作が始まったりと、青森ねぶた祭りの期間は特に賑わう観光スポットです。

館内にはお土産売り場レストラン360度3Dのデジタルシアター、伝統工芸津軽こぎん刺しの体験コーナーなど、青森を一度に楽しめるコンテンツが揃っている他、最上階には青森市の街並みを一望できる展望台もあります。

津軽三味線の無料ライブも定期的に行われており、かなり密度の濃い観光物産館です。

立ち呑み屋 地酒アスパム

立ち呑み屋地酒アスパムは2019年4月27日に新規オープンしました。レストランや食堂、アップルパイに加えて、立ち呑み屋とは。しかも青森の地酒を豊富に取り揃えていて少量ずつ味わえるのが嬉しいです。

駅からも近く、歩いて移動できる距離なので「車移動なんだよなぁ・・・」という青森あるあるに悩まされることも無さそうです。

カウンターで注文したらすぐ横の立ち呑みスペースへ移動します。立ち呑みを謳っていますが、いくらかソファーがあるので座り呑みもできるんです。

夏目
夏目

その気遣いが好き

メニュー

日本酒だけでなく、ビール、ワイン、シードル、ジュース・・・etc
全てが青森の地物!
酒好きからお酒の飲めない体質の方、小さなお子様まで、青森の美味しい地物を味わうことができます。

注文方法

お気づきの方もいるでしょう、メニューには(札5)のように「札」という表記がされています。

こちらの立ち呑み屋は最初に札購入し、札と飲み物を交換していくという少し変わったオーダーシステムとなっています。青森にしては少しオシャレすぎませんかね(笑)

夏目
夏目

2回行ったけど、普通にお金を払ったんだよね。

札の意味・・・とは・・・

2回とも青森ねぶた祭り開催時期に行ったので、店員さんも忙しくて札を配ってられなかったのかもしれないです。次回はなんでもない時に行ってみます。

地酒飲み比べ

おすすめは飲み比べ地酒4種類!

3つのグレードに分かれていて、一番人気は真ん中グレードの、ょっと贅沢なアスパムおまかせ升です。田酒も含まれていて1,500円というお手頃な価格が人気の理由だそうです。

ちょっと贅沢なアスパムおまかせ升
田酒特別純米酒
・菊駒純米酒
・杉玉純米吟醸酒
・純米吟醸寒立馬

注ぐ前に並べてくださいました。
インスタ映えもばっちり。

夏目
夏目

あぁぁぁ~、綺麗!綺麗!

聖水だぁ!!!!

夏目?
夏目?

寒立馬注いでるのに「白神」って書いてっけど

夏目
夏目

ほんとだ、なんでだろうね。

夏目そういうの気にしないからいいよ。

夏目?
夏目?

えぇぇ・・・

ん~、なんででしたっけ。
そもそものメニューが寒立馬なので、立て札間違えただけじゃないですかね!
美味しければ銘柄は気にしません(笑)

まとめ

立ち呑み屋 アスパムは・・・

■青森のお酒、ビール、ワイン、など約40種類の県産酒を味わえる
■ソフトドリンクもあるのでお酒を飲めない方も楽しめる
■イカやホタテのサラダ、ホヤの塩辛など、青森らしいおつまみもあり
■観光物産館アスパム内にあり、青森駅からのアクセスも良好

店舗情報

店名  :立ち呑み屋 アスパム
住所  :青森県青森市安方1-1-40 アスパム1F
営業時間:11:00~19:00
座席数 :立ち呑み
タバコ :禁煙
駐車場 :有り(有料)

アクセス:JR「青森駅」から徒歩8分 / 青森ICより車で約15分

▼ぽちって応援してけへ

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました