スポンサーリンク

【弘前】タムラファームのアップルパイやシードルの美味しさの秘訣【浅草】

スポンサーリンク

どうも、夏目です。本日は弘前市のリンゴ農家「タムラファーム株式会社」さんへお邪魔してきました。初の企業取材でがちがちに緊張している夏目取材班でしたが、

昌司さん
昌司さん

まぁまぁまぁ、リンゴジュースでも飲みながら話しましょうよ。

夏目
夏目

わぁ~どうもすみませんっっ!!ありがとうございます!

てな感じでとても親切にして頂きました。懇切丁寧に資料まで印刷してくださり、至れり尽くせりな取材でした。ジュースのお土産も頂きまして・・・うちのママンと美味しく頂きましたよ!

それでは本文いきましょう!

スポンサーリンク

タムラファームとは

言わずと知れたリンゴの名産地、弘前市。そこで15ヘクタールの広大なリンゴ畑でリンゴを栽培しています。「より健康的で美味しいリンゴを皆様にお届けしたい」という想いから始まりリンゴを栽培。今ではシードルやアップルパイ、コンフィチュールなども展開しており、様々な賞を受賞し、メディアでも多数取り上げられるなどの実力っぷり。

浅草 まるごとにっぽんへ出店

ミニローズタルト 紅玉(左)、サンふじ(右)

2017年12月には、観光地としても人気の浅草への出店も果たしました。様々なメディアからの紹介が絶えないタムラファームさんのアップルパイを、東京浅草で味わうことができます。

まるごとにっぽんにはイートインスペースが設けられており、焼きたてのアップルパイをその場で味わうことができます。そして、画像のミニローズタルトは浅草への出店に向けて開発されたもので、まるごとにっぽん店でしか味わえない限定商品となっております。

夏目
夏目

完熟の果肉をふんだんに使用した、贅沢な味わいのアップルパイです♡

田村昌司さん・玲子さん

代表取締役の田村昌司さん(左)と、社長夫人の田村玲子さん(右)

昌司さんがタムラファームを立ち上げたのは30歳の時。それ以前は青果市場でリンゴやリンゴジュースの営業を担当していました。その頃気がかりだったのが「青森のリンゴより長野のリンゴの方が美味しい」と言われてしまうこと。当時、青森県産のリンゴはより日持ちするように完熟する前に収穫し、完熟した美味しいリンゴの流通は長野や他の産地に譲っていたのです。「自分で美味しいリンゴを作って、完熟した青森のリンゴ売ろう!」と独立を決意。会社を退職し、畑を買い、ゼロからのスタートでタムラファームを立ち上げました。

昌司さん
昌司さん

周りが農家だらけだったから、先生は沢山いたよ。

多彩なリンゴ製品

今でこそ、リンゴジュース、シードル、アップルパイ、コンフィチュール、フェイスパッなど様々な加工商品の販売も手掛けるタムラファームさんですが、当初はリンゴの販売だけでした。加工商品のきっかけは1991年の台風11号による被害です。ようやくリンゴ作りも覚えてきた頃、さあ販売だ!というタイミングで大事に育て上げたリンゴが台風でほぼ落下。どうにか危機を逃れようと思案し、リンゴジュースを委託加工したことが始まりでした。

それ以来、台風などの被害による損害を想定し、リンゴ販売と加工商品の二刀流で会社を運営しています。子育てもしつつ、加工商品の設備投資もしつつ、徐々に商品展開も増やしていったのです。

夏目
夏目

大変だったとは言え、それがあって今のタムラファームさんがあるんだなぁ

醸造所

リンゴ作りから醸造まで自社で手掛けるタムラファームさんのリンゴジュースとシードルの特徴は、タムラファームで育てられた完熟リンゴを100パーセント使用していることです。「すべては美味しいリンゴから」という想いで作られているリンゴジュースとシードル、美味しいに決まっています。

夏目
夏目

残念ながらこの日は洗浄日でした。稼働中も見てみたい。

リンゴジュース

まずはシードルの元ともなるリンゴジュースをご紹介します。タムラファームさんの無加糖・無調整の、リンゴ果汁だけで作られた100%ストレートのリンゴジュースです。現在はスパークリング、ブレンド、紅玉、シナノゴールドの四種類です。濃縮還元でもない、果汁そのもののリンゴジュースはまるでリンゴを食べているかのように濃厚な味わいです。

そしてこのパッケージ見てよ! 津軽こぎん刺しがめちゃくちゃめんこい!!

シードル

私がタムラファームさんのシードルでお気に入りなのが、とてもフルーティで飲みやすいことです。その秘訣は、仕上げ前に果汁を追加してから最後の発酵を行うからです。長く発酵させるほど、リンゴの風味が薄くなる果実酒で、よりリンゴの香りがしっかりと感じられるようにひと手間かけているのです。

リンゴの風味が強いので、ワインが苦手な方でも美味しく飲めます!

アップルパイ

アップルパイが商品として登場したのは2011年で結構最近のこと。タムラファームのアップルパイで使用している品種は紅玉とサンふじの二種類(サンふじはホールのみ)。紅玉は、色も綺麗な赤が出る上に冷めると奥行のでる味になるそうで、色んなリンゴで試して紅玉が一番美味しかったとのこと。また、台風で落ちたからアップルパイにしようということはしないというこだわりを持っています。一度落ちて土壌菌のついたリンゴは使わない。アップルパイのために、美味しいリンゴを使ってアップルパイを作っているのです。

そしてタムラファームさんのアップルパイは、機械を使用しない手作りのアップルパイなんです!自分が美味しいと思うアップルパイを届けたいという想いから、色々なレシピを片っ端から試しているそうです。リンゴの種類から煮方、パイ生地、そして使用するフライパン・・・そのこだわりっぷりからタムラファームのリンゴへの誇りを感じます。

玲子さん<a rel=
玲子さん

お客様の顔を直接見れるから、そういうとこはこだわりたいのよね~。

店舗情報

気になる購入先ですが、本社でも直接購入できるほか、首都圏にお住まいの方なら浅草寺近くの「まるごとにっぽん」の1Fでも購入可能です。まるごとにっぽん限定でホールタイプのアップルパイの販売も行っていますよ。果肉むき出しのバラの形がツヤツヤのてりてりですごく綺麗です。

ぜひ農家の手作りアップルパイを味わってほしいです。もちろんジュースやシードルも。

夏目
夏目

まるごとにっぽん店の売り子のお姉さんがたげめんこい

弘前本社

住所:青森県弘前市青樹町18-28

電話:0172-88-3836

営業時間:平日 8:30~17:00

定休日:日曜・祭日、お盆、年末年始

タムラファーム公式サイト

まるごとにっぽん(浅草)

住所:東京都台東区浅草2-6-7

電話:03-3843-9777

営業時間:10:00~20:00

まるごとにっぽん

▼ぽちってしてけろ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました